トンレサップ湖 ボートクルージング

 

 

川の民の暮らし

 

ドラマチックな日の出をもう一度とアンコール・ワットにいくものの

雲がかかってしまいご来光は拝めず(ドラマチック・サンライズ参照)

一度ホテルにもどって朝食をとって本日の作戦会議をする

 “内陸と川のそばに住む人々 生活スタイルが違うからぜひ見てきたら” とホテルからのアドバイス

早速TUKTUKをつかまえて LET'S GO ヽ(´ー`)ノ

 

乾季のシェムリアップ川はこんな色

料理や洗濯にはこの水をつかっているよう (;'A`)'A`)A`)`))

まさか飲んでないよなぁ?

 

水の上に建つ高床式住居 足の長さは3m強

乾季の3倍の大きさに膨れるトンレサップ湖

川の水位も上がり 床ぎりぎりになるらしい

 

湿地帯 雨季にはココも水でいっぱい

湖の上で暮らす住民がおしよせてくるらしい

 

えっっ えっ 工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ここに住んでいるのぉぉぉ il||li(゚ロ゚;) il||li

 

オンボロドロンコの家が続く 屋根上にアンテナ!?

自家発電機完備・テレビがある家もある

 

水辺なので蚊帳はデフォルト装備 って隙間だらけやんっ!

寝るときはハンモックらしいが 床の上でも寝る らしい

 

新しいおうち 建築?工作中

なんちゅう細い柱だぁ 地震がきたら壊滅しますな (´д`;)

川側に住んでいるのは クメール人&チャム人

雨季の間は 小屋ごとトラックで内陸に移動 するらしい

商売しているおうち

このあたりの地元民は漁業で生計をたてている

 

 

湖の民の暮らし

 

シェムリアップ市内から11km TUKTUKで30分+20分@乾季

トンレ = 川 サップ = 湖 面積は乾季でさえ3000k屐“琶湖の4.5倍

雨季になるとこれが3倍の9000k屐琵琶湖の13.5倍 Σ(゚д゚lll)

乾季でさえ対岸が見えない大洋のような湖なのに 雨季はどんなだ!!?

ここからスピードボートで5時間 首都プノンペンにたどり着ける

 

この乾季と雨季があることで 300種類以上の淡水魚が生息 する豊富な漁場となっている

年間10tもとれるニシンはカンボジア人の貴重な蛋白源

トンレサップ湖の周囲6500k屬 マングローブ林

雨季になると樹木の枝までどっぷり冠水し 水が退くときに森は肥沃な土壌となる

この冠水森は魚の産卵・繁殖・発育に適した天然の養魚場

その幹には魚のえさとなる養分がたくさん付着し 多くの魚のすみかとなっている

 

この魚に頼って生きている水上生活者の多くは ベトナム人

湖上を自由に移動できる 竹・木とドラム缶でできた筏の家 に住む

長い歴史の中で築かれたクメール人の反ベトナム感情はものすご〜く強いため

民族ごとに住み分けをしている

 

民族

住居

宗教

クメール人

川岸・湖岸 固定式/移動式高床式住居

仏教

チャム人

湖岸 移動式高床式住居

イスラム教

ベトナム人

湖上 大きな筏の上/ボート

キリスト教

 

浅瀬や波の高い沖合にすめないベトナム人の筏の家 ベトナム人が嫌いなクメール人

雨季になると全民族が内陸方面に向かって移動し 乾季になるとまた湖の方へともどっていく

 

 トンレサップ湖クルーズ・ボートチケット売場

20人ほど乗れるボートが 政府 により運行されている

一人で一台チャーター USD30 2人以上なら USD15/人

 

ボート乗場 ボートにはカンボジア国旗がはためく

一人で船をチャーターするとガイドがついてくるよう(?)

たぶん船の運転手の監視をかねていると思いますが?

 

車と同じくナンバープレートが船にもついている

水上生活者のボート以外は 例外なくちゃんと装着

それでは90分のクルージングに出発 (・∀・)っ/凵⌒☆

 

 船からの目線で見ると 湖のでかさがよくわかる

椅子に座るより快適 (*´∀`*)

 

家・学校・警察・病院・八百屋 すべての生活が水の上 ( ゚Д゚)

こども達はボートで登下校する

 

キリスト教会も筏の上

大きな建物の多くは各国からの寄付で建てられている

 

 

 

観光客に公開している養魚場

トンレサップ湖の漁業はアンコールの時代から続く投網漁

近年の乱獲で湖全体の魚の数・種類が減っている

タイからやってくるクロコダイル

肉は食べず 皮を剥いで製品に使用するそうな

湖は淡水魚の宝庫 えびもたっくさん獲れる

養魚場の食堂でから揚げにして食べさせてもらえるが

こんな泥水につかっていると さすがに衛生面が orz

 

養魚場には小さな水族館・食堂・土産屋がある

観光施設のため多くの物乞いがあつまってくる(詳細はカンボジアのこども達)

 

水族館の魚はトンレサップで獲れるものばかり 小型の魚が多い

なまず・うなぎ・ロブスター・コイ・すっぽんなどおなじみのものから

ギンザメ(Elephant fish)や象模様をしたハゼ(Marbled sleeper)、15cm程度の小型のエイも展示されている

ガイドのZrr曰く、湖岸から10kmほど沖合いでは大型魚も獲れるらしい

 

2階にあがると水上での生活がいろいろ観察できるのでお好きな方はドゾー

 

 

まだお昼になったばかり 次はどこに行こうかな?

 

     

inserted by FC2 system